『異世界からの帰還』序章

プロローグ


妊娠4か月の愛莉は母とモールにショッピングに来ていた。

人込みで息苦しくなり、一人、外の空気を吸いに出る。

柵に手を掛け、ぼんやりとしていたその時である。

碧に輝く閃光が愛莉の身体をすり抜けた!

その場に倒れた愛莉が

次の瞬間、目が覚めた場所は……




0コメント

  • 1000 / 1000

Poem Shizuki's Ownd

叙情的なモノを書きます